Top >  世界情勢と相場

世界情勢と相場

相場への影響として戦争やテロの発生国と関係する国の通貨にとって弱気材料となって
影響を与えるのです、これはもう弱気材料だけです。


日本にいるとテロはいまいちピンとこないですが、世界中では
ホントいちあるかわからない地域多いです。


一番イメージしやすいのは、イラクとアメリカですね。
テロが起きれば・・・今度はアメリカ国内か!? と、懸念され
警戒が厳しくなります。これがテロ懸念。


相場にはどう影響されるか・・・アメリカ国内でテロ懸念があれば、
ドル売りが活発になります。日本が、自衛隊を派遣すると、日本でも
テロが!?と騒がれ、円安になることもありえます。


テロも戦争も、他国の話し・・・じゃすまないんです。


やってはいけないテロや戦争が、経済事情に影響を及ぼし、時には
経済を大きく動かす要素になるんです、いい方向にも悪い方向にも。
悲しい事実ですが、実際にあることなんです。

社会情勢について

関連エントリー

・経済話に慣れる
・インフレ・デフレの原因
・財政赤字について
・経済構造改革とはどんなもの?
・日本の金利状況
・世界情勢と相場
・アメリカの経済は・・
・株価と為替相場の関係