Top >  くりっく365のデメリット

くりっく365のデメリット

税金面での優遇・・・
参加しているFX業者の信頼度の高さ・・・

こういった大きなメリットがあるくりっく365.
では、みんなくりっく365を使っているのか?というと、
これがそうでもありません。

実はくりっく365にはデメリットもあります。
それは「取引できる通貨の種類が少ない」という
ことですね(^^;

いまのところ取引できる外貨はユーロ、英国ポンド、
オーストラリアドル、米国ドル、スイスフラン、
カナダドル、NZドルの7つ。

さらに米国ドルとユーロなどの外貨同士の取引を
することも出来ません。

あと、FX業者が参入するときの審査が厳しいことから、
当然ですが、くりっく365の中の業者の数も少ない
ということです。

業者ごとに、いろいろな種類や特徴を持っているので、
ムリにくりっく365の中の業者のみを選ぶのは、
ちょっと控えたいトコロです。

以上のことからまとめると・・・

取引できる外貨とFX業者の制限が大きいというのが、
くりっく365のデメリットであります。

これから先、もっと参加しているFX業者が増えて、
取り扱うことが出来る外貨も充実してきたら、
使うことも増えるんでしょうけどね?。

ワタシ自身、いまは一部だけくりっく365を使っている
カタチになりますね。

FX初心者の人は、通常のFX業者と併せて、
くりっく365登録業者の資料も取り寄せてみて下さい。
かなりわかりやすいです(^^

くりっく365

関連エントリー

・くりっく365のメリット
・くりっく365は信頼度高い!
・くりっく365のデメリット